FC2ブログ

六畳脳内

20代後半崖っぷちフリーターの日常。正社員になるも現在は無職。やり残しを消化していきたい。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書『道の先まで行ってやれ!』

2016.03.13 (Sun)
久しぶりに本を読んでいる。
ずいぶん前に買って途中まで読んでいた本のことを思い出し、また読み始めたという方が正しいか。


『道の先まで行ってやれ!自転車で、飲んで笑って、涙する旅』(石田ゆうすけ)


道の先まで行ってやれ



自転車で7年以上世界を回っていただけあって著者は旅行に対しては独特の哲学を持っていて、興味深い。
というか参考になる。
例えば著者が旅行の手段に自転車を選んでいるのは、旅行先での食事を楽しむためだったり、綺麗な景色に出会えたときの感動をより大きくするためだという。

旅行にも作法があるというのが自分には目から鱗だった。

ただ遠くの観光地に行ったり目的もなく散策するだけで旅の充実感が味わえるわけではない。
勿論無計画な方がが楽しいこともあるから一概には言えないけど、旅行する側のちょっとした努力や気持ち次第で楽しさが左右される局面は確かにあると思う。

特に共感したというか、面白いなと思ったのは、旅先で地元の人しかこないような居酒屋に、あえてカバンから地図が見えるようにしまって行くというエピソード。
そうするとほとんど百発百中でよっぱらい達に「どこから来たんだ?」とか「○○には行
ったか?」と声をかけられるらしい。
人との関わりも旅を面白くする一つの要素であるという。


基本的にコミュ障気味だし、人と関わるのは煩わしい。
そんなナンパ待ちみたいなことなんて、と少し前ならそれしか思わなかったんだろうけど、去年自転車でキャンプに行ったときに似た経験をした。

憧れていた1人でのキャンプ。
計画を立てているときはワクワクしていたのに、いざ自転車をこぎ出してみるといまいち気持ちが盛り上がらない。
淡々と目的地に向かって移動して、あえて野外で寝る行為に疑問を感じ出す始末で、あげく翌朝には雨まで降ってきた。
みじめな気分になりながら帰っているとぽつんとモーニングをやっているこじんまりとした定食屋が現れた。
普段はチェーン店ぐらいにしか入らないからそのいかにも個人経営ですという見た目には相当怯んだけど、空腹には勝てなかった。

客は自分だけの店内で恐る恐る頼んだモーニング定食は、美味しくてボリュームもあってこれを500円で食べていいのかと思った。
現金だけど急に楽しくなってきて、さあ行こうと会計を済ませようとしたら、おかみさんに呼び止められた。
何かと思ったらカッパを手渡された。

「雨の中自転車で大変でしょ、子ども用に買った100円ショップのやつだから気にせず持って行って」
びっくりした。
突然の好意に甘えるのは申し訳ないと思ったけど、その親切には全く嫌味なところが無くて嬉しかった。

その後、貰ったカッパを着てもしのげないくらい雨は強くなった。
仕方がないので閉まった店の軒下に避難していたら、向かいの家のおじいさんがこっちに来いと声をかけてきた。
うちの庭の駐車場の屋根の方が広いから雨宿りしていけと言う。

こんな都会から大して離れていないところなのに、何でみんなこんなに親切にしてくれるんだろうと思った。
お言葉に甘えて雨宿りさせてもらっていると、おじいさんはコーヒーを淹れてくれた。
話を聞くとお孫さんがカブで日本一周をしていたことがあるらしくて、似たようなことをしているように見えた自分に声をかけてくれたらしい。
雨宿りをしている間、おじいさんはとなりでずっと植木を弄っていた。
手塩にかけて育てた花がもうすぐ咲くからと、黙々と菊のような花を支柱に固定していく。
庭には見事な木や花壇が沢山あって、全部おじいさんが自分で世話をしているらしい。
いい年のとり方だなと思った。

話の流れで自分が無職だと話すと、おじいさんは定年までハローワークで勤めていたと言った。
何て出来すぎた話だ。
せっかくだから雨が弱まるまでの間、今後について相談に乗ってもらった。
おじいさんはしきりに30までにしっかり身の振り方を決めとけばそれでいいと言った。
仕事柄なのか、おじいさんの言葉には妙な説得力があって、心が少し軽くなるのが分かってまたおかしくなった。

カッパがいらないくらい雨が弱まってたので、おじいさんにお礼を言って再び帰路についた。
朝までの停滞した気持ちはどこかに行って清々しい気分になっている。
昨日楽しく感じなかったのは、ただ移動していただけだったからだと気がついた。
親切にしてくれた人たちに感謝して、普段他人に無関心な自分を反省した出来事だった。

しばらくは旅行には行けてないけど、またチャンスを見つけて行ってみたい。
ゆくゆくは自分なりの作法を編み出していきたいと思う。





無職 ブログランキングへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。