FC2ブログ

六畳脳内

20代後半崖っぷちフリーターの日常。正社員になるも現在は無職。やり残しを消化していきたい。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

埼玉県自転車一周3

2015.10.04 (Sun)
夕方羽生駅に着くとすぐに近くのスーパー銭湯華のゆに向かい、深夜12時に駅前のカラオケ屋で夜を明かした。
合わせて2800円程の出費。
ただ眠るだけではもったいない気がしてカラオケで歌っていたらあまり眠れないまま朝になってしまった。

2日目は秩父に行くのを目標に出発。
見知らぬ場所で見る朝日はいつもより綺麗に見えた。

朝焼け


早朝、埼玉県の県名の由来になったという古墳に立ち寄ったが思いの外何もなかったので割愛する。

シルバーウィークだからか、ロードバイクを良く見かけた。
ソロだったり、集団だったり、性別、年齢も様々。
自転車が流行っているというのは本当のようだ。
ママチャリの自分を追い抜いていく彼らを見送り続けていたが、ふと張り合ってみたくなった。
信号待ちで並んだときなどに必死で漕いで追いすがる。
立ち漕ぎはせず、普通に走ってますよーと涼しい顔をしつつ内心では歯を食いしばって全力で漕いだ。
3分程で相手は見えないくらい遠くに行ってしまった。無念。

ムキになってそんなことを繰り返していたが、信号の多い国道でも普通に走っているであろうご婦人に置いていかれてしまう。
こちらは気がつけば立ち漕ぎである。

ママチャリとロードバイクの性能差を実感した出来事であった。
いつか自分も購入しよう、そう思った。

汗だくになりつつもこれはこれでママチャリにしかできない楽しみ方であろうと満更でもなかったが、昼頃になると足がとてつもなく重くなってきた。

あ、これ知ってる。
弱虫ペダルで見たやつだ。
「足を使い切る」ってやつでしょ。
やばい。

御堂筋くん

自転車で長距離を移動するのは初めてだから知らなかった。
こんなにペダルって重くなるのか。
まるでギアが6段階くらい上がったかのようだ。
力を込めても歩くより少し早いぐらいの速度しか出ない。

それでも漕ぎ続けていたが、秩父へは山を越えなければいけないことを思い出して絶望した。
途方もない上り坂だ。
自転車を降りてひたすら押して歩く。
足は痛いし、汗が溢れ出てくる。
アホな遊びに興じたこととギアなし自転車を買ったことへの後悔は、下り坂になると一変した。

長くて急な下り坂は漕がなくても原チャリぐらいのスピードが出た。
まるでジェットコースターのようで思わずひゅー!と声を出してしまう。
ハンドルがブレて少し怖いが山の冷たい風が火照った体にはとても気持ち良い。
このご褒美を知るとその後の修行のような上り坂も耐えられた。
市街地を走るより自然が豊かで変化があって楽しい。

秩父には15時半頃に着いた。
もう何も考えられないくらいヘトヘトだった。

続く

秩父の山


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。