FC2ブログ

六畳脳内

20代後半崖っぷちフリーターの日常。正社員になるも現在は無職。やり残しを消化していきたい。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社交場喫煙所

2015.08.21 (Fri)
眼鏡をかけた狐。
今日新たに加わった社員の第一印象だ。
まだ自己紹介をしただけだから
どんな人なのかはよく分からない。
今日分かったのは彼が煙草を吸うことぐらいだ。

残念だ。
職場で煙草を吸わないのはほぼ自分だけ。
だから休憩時間はいつも一人だった。
喫煙所を兼ねるベランダでは
談笑していたり、ときには真面目に仕事の話をする
同僚、上司、社長。

大学時代に元記者の教授が言っていたことを思い出す。
「普通に聞いても教えてくれないことを、
一緒に一服していると
ぽろっと話してくれたりする。
だから記者をしているときは
煙草をやめられなかった。」

当時喫煙者だった自分は
その言葉に共感した。
サークルの連中と仲良くなったのは
喫煙所だったからだ。
普段はあまり接点のない先輩とも
喫煙所では世間話ができたりする。

今日新人が入るのを知らなかったのは
自分だけだった。

右も左も分からない今の状態で
同僚と親交を温めたり
仕事の知識を得る機会を一つ失うのは
それだけで不利になる。

ついに小僧すらも成果を出し
自分だけ数字を上げられず、
職場にも馴染めない。
胃も気持ちも最大限に重くなったが
臨界点を超えたのか突然開き直った。

営業だから短期間で成果を求められるのは仕方ない。
そもそも同僚たちとははなからそりが合わない。
もう面倒なことを考えるはやめた。

知ったことか。
下らない。

モノにならなければ
嫌になったら
辞めるだけだ。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。