FC2ブログ

六畳脳内

20代後半崖っぷちフリーターの日常。正社員になるも現在は無職。やり残しを消化していきたい。

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャリパクられ事件

2016.06.28 (Tue)
自転車が盗まれた。

何というか駅とかで盗まれたならまだ納得ができるのだけど、自宅の敷地内でやられたからにわかには信じられなかった。
私の住んでいるアパートは駐輪場がないので、わざわざ部屋のドアの目の前まで自転車を持って行かなければならず、そこまではアパートの入り口のドアを開け、自転車を持ち上げて階段を2、3段超えなければいけないような場所なのに何で私の自転車を狙ったのだろうと不思議でならない。
ナンバー式の鍵だからちゃんと鍵がかかっていたかは今となっては自信がないが、それだって表通りから見ただけでは分からないはずなのだ。

そんなだから朝自転車が無いことに気がついたときは、すぐには盗まれたと思い至れずに、前日に自転車で出勤したのにうっかり歩いて帰ってきてしまったのだと思ってしまった(実際にたまにやる)。
実際には前日は歩いて出勤していたので自転車は家に無いとおかしい。
念のため駅前の駐輪場も確認したが、当然自転車は無かった。

もうボロボロになっていたママチャリだけど、盗まれたとなるとやはり少なからずショックだ。
一人暮らしをしてすぐ買った自転車だから、色々な所へ買い出しに行ったし、無職になってからした埼玉県一周もこの自転車で行った。
秩父の山を汗だくになりながら押したのも今となっては懐かしい。
こうして振り返ると何か急に思い入れが湧いてくる。
ちくしょう、犯人には不幸が降りかかればいい。

もう一台ツーリング用の自転車があるから何とかならないこともないんだけどこの自転車が盗まれたらもう正気でいられる気がしないな。
10万円くらいしたもの。
毎回家に入れるのは面倒に思ってたんだけど今回の一件で気が変わった。
大切にしよう。


チャリ

追悼画像。
埼玉県一周のときの我がチャリの勇姿。

スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。